知らなきゃ損

海外旅行はお金がかかる?

海外旅行はお金がかかると思っていませんか?

 

確かに、ひと昔前まではアジアの定番リゾート、バリ島(インドネシア)、
セブ島(フィリピン)、プーケット(タイ)に気軽に旅行に行けるのは
お金に余裕のある人だけでした。

 

また、行けたとしても数年に1回の豪華なご褒美。

 

普通の家庭は国内旅行、近場の温泉旅行だけ、
少し贅沢をしても沖縄まで。

 

そんな時代でした。

 

日本国内の旅行でも飛行機の航空券は最低でも1万円~。

 

海外に行こうとすると片道3万円、5万円は当たり前。

 

バリ島に家族4人(お父さん、お母さん、子供二人)で行こうとすると、
飛行機代だけで20万円以上の費用がかかってしまうのは当たり前でした。

 

それにプラスして、旅先でのホテル代、飲食代などを合わせると
3泊4日で40万円はないと行けない、庶民には夢のような休日の過ごし方でした。

 

芸能人や会社の社長さんたちだけができる憧れの休日。

 

しかし、ここ数年で状況はがらりと変わりました。

LCCをご存知ですか?

近年、LCC(エルシーシー)なるものが、
日本国内でもどんどん出現してきたことにより、
海外旅行が急激に近い存在になってきたことをご存知ですか?

 

「LCC知っています」 という方もいれば、

 

「LCCってなに?」 という方もいるかと思います。

 

LCCとは、格安で国内、海外へのフライトを運行している格安航空会社のことです。

 

LCCについての説明は後ほど詳しく書きますが、
まずどれほど安く海外に行けるようになってきたのか、
下にいくつか例を挙げるのでその目で確かめてください。

 

(※すべて当社調べ、片道運賃での価格。※航空運賃のみの価格) (※過去のセール時の価格を参考にしているもので、現在、未来の価格を保証するものではありません。) いかがでしょうか? いままで、往復で5万~10万円かかっていた有名リゾート地に 安い時は往復1万円~行くことができるようになっているのです。 つまり、いままで家族4人で有名リゾートに行くのに 20万円~40万円以上していた飛行機代が、 LCCを利用すると4万円~行けるように なってきているのです。 年に何回かあるビックセールの時に予約をすれば、 片道1人1000円以下なんてチケットもありましたね。 この情報に嘘偽りがなく、本当に予約することができるのであれば、 国内のリゾートも海外のリゾートに旅行するのも 夢ではなくなってきていますよね? それも年に1回だけではなく、何回も、、、

リゾートのイメージ写真

 

年間の家族旅行の費用は?

日本人の平均の年間の家族旅行の費用は 家族4人の場合は、どのくらいかご存知ですか? 日本人の7割の方は国内旅行が主で、 1年に2回~3回の頻度、 1回の国内旅行で2泊~3泊、 1回の1人のあたり費用は5万円前後、 といわれています。 なので、 家族4人の場合の平均の年間旅行費用は 40万円~50万円だと言われています。 一人あたり、10万円~12万円前後です。 これは、交通費、移動費、宿泊費を含んだ費用です。 あなたの1年間で旅行の費用は、 どのくらい使っていますか?

何回旅行にいくことができますか?

もう一度、LCCの飛行機代のおさらいをすると、 人気の有名海外リゾートへは、安い時で往復2万円~ 予約することが可能になります。 国内の人気リゾート、沖縄、石垣島へは、往復1万円以内で 予約することも可能になります。 これだけ、低価格で飛行機に乗れるのであれば、 日本人の平均旅行費用以内で考えても 年間2回~3回も海外リゾートにバカンスに行くことも可能になりますし、 国内であれば、時間が許す限り、3回、4回と行くことが可能になります。

 

リゾートのイメージ写真

 

LCCでは、通常の運賃も大手航空会社と比べて低価格なのですが、 それに加えて、このようなセールが年に1回2回ではなく、 毎月毎月、セールやキャンペーンが開催されています。 このセール、バーゲン価格がLCCの魅力といってもいいでしょう。 これは一部の人だけが買える特別な航空券というわけではなく、 このような航空券が一般に出回っていて、 知っている人は、 すでにこの低価格で旅行にいくことができています。

海外旅行の隠れたメリット

いままで、飛行機代が高額だったため、海外旅行について、 調べようとも思ったことがない人もいるかもしれませんが、 これだけ低価格で運行しているのであれば、 海外旅行を検討する価値もでてきます。 海外旅行のみを推奨するわけではありませんが、 海外に低価格で旅行にいくことができることで、 得ることができる隠れたメリットを紹介しておきます。 海外旅行、とくに、アジア圏の国に行った際にまず驚くのが 物価の安さ です。 とくに宿泊費は日本とは比べ物にならないくらい 低価格で宿泊することができます。 それも、「ボロボロの宿に宿泊しなければいけない」 ということではなく、 豪華なプール付きのコテージや、3つ星、4つ星のホテルが 非常に低価格で宿泊することができます。 例えば、タイの人気リゾートプーケットであれば、

 

豪華なホテルイメージ写真

 

こんな豪華なホテルが、 家族4人(大人2人、子供2人)1部屋で、1泊朝食付きで 1万円前後で泊まることができます。 1人あたり1万円ではありません。 4人で1万円前後です。 1人あたり2500円で朝食付きで宿泊することができます。 バリ島の場合であれば、

豪華なホテルイメージ写真

 

このような豪華ホテルが同じく4人で1万円前後で 宿泊することが可能です。 日本でこのようなレベルのホテルに泊まろうとすると、 1人あたり1万円~2万円ほどすると思います。 4人の場合は4万円~8万円です。 かなりお財布にやさしくない価格です。 日本のホテルの価格に比べると アジアの高級リゾートは非常に低価格に感じます。 LCCで海外リゾートまでの交通費が非常に低価格になり、 アジアのリゾートの宿泊費はプール付きや豪華なホテルにも かかわらず、日本のビジネスホテルよりも低価格.. なので、いままでは、セレブの休日だと思っていた、 有名海外リゾートに宿泊し、ホテルのプールや、目の前のビーチで で家族でピチャピチャ遊ぶことが現実的な時代になっています。 マッサージやスパなども日本に比べると非常に低価格な場合が多いです。 お子さん達を、感性豊かな子供時代に非日常の旅行を 体験させてあげることができます。

海外リゾートのイメージ写真(マッサージ、スパ、子供との旅行などのイメージ)

 

セレブの休日

さらに、セレブ気分を味わいたい方は、嬉しい情報があります。 セレブであれば、飛行機はビジネスクラス、ファーストクラス を利用するのが普通です。 しかし、 ビジネスクラス、ファーストクラスなんて、夢のまた夢… だと思っていましたが、 LCCの一部では、こんなセレブが利用するようなシートまで低価格 で利用することが可能なのです。

 

セレブシート

 

このフライト中、寝転びながらゆっくりと快適に過ごせる 座席が、3万円台から利用することが可能なのです。 低価格の航空券にプラスして3万円というわけではなく、 このセレブのような座席で、 例えば、関西からタイにいくのが3万円台から 販売されています。 つまり、通常の航空券に片道プラス15,000円程度です。 プラス15万円ではなく、 1万5000円前後の追加で、

 

セレブシート

 

このようなビジネスクラス、ファーストクラス並み の座席で旅行することができるのです。 ビジネスクラス、ファーストクラス並みの座席で 海外の人気リゾートまで行き、 日本では考えられないような価格で 4つ星、5つ星の高級リゾートに宿泊する という、 まさにセレブのような休日 を低価格で実現することが可能なのが、 LCCの魅力だといえるでしょう。

LCCを活用して海外旅行にいくと…

家族4名の飛行機代が往復8万円~ 宿泊費は1泊、1万円前後、4泊しても4万円前後 その他、食費も日本よりは物価が安いので豪華なものを 食べたとしても、4泊5日で4万円前後。 合計16万円プラスお土産代 ほどしかかかりません。 もしかすると、国内旅行1回行くよりも安く いけてしまう場合もあるかもしれませんね。 または、浮いた金額で座席をグレードアップさせて、 本当にセレブのような旅行をすることも可能です。 それも、近場のいつもいっている旅先ではなく、

 

リゾートのイメージ写真

 

このような憧れのリゾート地に…

 

気軽に週末旅行でリラックス

海外旅行には行きたいけど、なかなかまとまった休みもないし、 時間がない。という方もいると思います。 そんな方でもLCCを活用してお得に旅行することができます。 毎週末、家の近所の大型商業施設に買い物に行くだけではつまらない。 寝てばかりの週末もなかなか気分転換にならない。 非日常の空間でゆっくりと過ごしたい。 そんな方にもオススメです。 今、非常に人気の旅先である台湾・台北へも 1万円以内で行くことができますし、 LCCは海外旅行のための国際線だけでなく、 日本国内旅行のための国内線も充実しています。 通常の土日の場合でも、3連休の場合でも、 旅先までの飛行機代が1万円以内であれば、 気軽に旅行に行けると思いませんか? 沖縄までの飛行機代が、往復1万円~1万5000円であれば、 通常の週末でもサクッといって、サクッと帰ってくる。 ということが可能になります。 同僚とお酒を飲みに行ったりすると、3000円~5000円は かかってしまいますが、その飲み会2回~3回分の値段で 非日常の国内リゾートでゆっくりとリラックスして 過ごすことが可能になってきているのです。

 

沖縄のリゾートのイメージ写真

 

ちなみに、LCCのセールの時に飛行機を予約することができれば 沖縄まで990円という価格もありえます。 「なんでこんなに安いの?」 と思う方がほとんどだと思いますので、 少しLCCについて説明します。

 

そもそもLCCとは?

LCCとは、英語のローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略で 日本語でいうと格安航空会社のことを指します。 通常 LCC(エルシーシー)と呼ばれています。 北米や欧州では、1980年代からLCCはありましたが、 認知度も低く注目されませんでした。 1990年代に入り、米国のサウスウエスト航空が徐々に 米国国内のユーザーのシェアを広げ徐々に認知されて きました。 日本では2000年代後半に初の本格LCCが乗り入れて きましたが、これもなかなか認知されず、 2010年の「春秋航空」が行った 茨城ー上海 片道4000円 という衝撃的なキャンペーンが 日本の多数のメディアに取り上げられ 広く認知されるようになりました。 その後、大小のLCCが運行されるようになり 認知度の高いLCCもありますが、まだまだ 広く知られていないLCCも多数存在します。

 

「LCCって安全なの?」

「これだけ安いと安全なのか心配になる」 という方もいるかもしれません。 結論から言ってしまえば、 LCCと大手航空会社の間で安全性の差はありません。 LCCは、大手航空会社と同じ基準の整備を受けていますし、 国の厳しい安全基準をクリアしていますので、安全面で違いは ありません。 機材の面で言えば、日本のLCCはほとんどが新造機です。 つまり、新しい機材を使っているということです。 古いの機材を使うよりもその方がメンテナンスコストが かからないという理由、燃費が良くなるという理由から、 新しい機材を使用しているケースがほとんどです。 LCCが安い理由は、ボロボロの飛行機を 使用しているからではありません。

 

LCCが安い6つの理由

理由1:機内サービスの有料化

多くのLCCでは、ほとんどの機内サービスが有料になっています。 映画や音楽などのエンターテインメント、機内食、ドリンク、ブランケット など、必要な人には有料で提供しています。 必要のない人にはサービスを提供しないことで、機内食の破棄なども 減らせるので、価格を下げることができているようです。

理由2:預け荷物の有料化(一部のLCCを除く)

一部のLCCでは、5kgまで無料、10kgまで無料、15kgまで無料という会社も ありますが、基本的には、預け荷物は航空チケットとは別に有料になります。 機内持ち込みの手荷物に関しては、重量制限、大きさの制限もありますが 無料で持ち込むことが可能です。

理由3:発着空港が決まっている

多くのLCCでは空席を少なくするためフライト本数が少なかったり 発着空港が限られている場合が多いです。 大手のLCCは数カ国、国内のフライトを実現していますが、 中小のLCCは発着空港を少なくし、少しでも空席を少なく しようと努力しています。

理由4:郊外空港を使用

航空会社が空港を使用するのにはもちろん費用がかかります。 大きな空港ほど空港の使用料は高額なようで、多くのLCCは メインの空港ではなく、地方の空港、セカンダリー空港を利用 することでコストダウンしている場合もあります。

理由5:飛行機の単一化

飛行機は機体ごとに免許が必要な場合が多いので、 機体種が多いとパイロットの育成に費用がかかったり、 修理の際の部品も機種数分ストックしておく必要があります。 しかし、単一の飛行機のみを使用することで、 パイロットの育成費の削減や、修理部品、整備士の 削減をすることが可能になり、コストダウンしている。

理由6:駐機時間の短縮

大手の航空会社では、空港での駐機(滞在時間)を60分ほとど設定 しているところが多いそうですが、多くのLCCでは、その半分ほどの 時間に設定している会社が多いそうです。 駐機時間が短ければ短いほど、空港の駐機料が安くなるので、 価格を下げられているそうです。

0円からの激安航空券は広告キャンペーン

上記の理由からLCC各社は通常時から、大手航空会社よりも 低価格での運行を行っていますが、 LCCの魅力はなんといっても、 0円から販売されるビックセール航空券 と言えるでしょう。 「0円から?それでは採算とれないでしょ?」 と思うと思いますが、その通りです。 0円~、1円~、500円~、990円~、1990円~などの 激安航空券は、客引きのための広告キャンペーンです。 このビックセールでLCCの安さを体感してもらい、 通常時も利用してもらうことがLCCの狙いです。 そもそも、このセール価格で利益を出そうとは考えていないのです。 とはいっても、かなりの頻度でおこなわれるのが このLCCのビックセールです。 毎月毎月、セールを行っているので、 ちゃんと会社を運営していけるほど利益が 出ているのかが心配になる程、頻繁に行っています。 このような理由からLCCは常に低価格で航空券を 販売できています。 言い換えると、このような企業努力をすることによって、 私たちは、いままで、夢だと考えていたセレブのような休日や 憧れの海外リゾート旅行に気軽に低価格でいけるように なっていたのです。 片道990円で沖縄に行けるのであれば、 何回でも遊びに行きたいと思いませんか?

 

有名海外リゾートに往復2万円~いくことができ、 1人2500円前後で4つ星5つ星の高級リゾートに 宿泊することができるのであれば、 年に1回と言わず、2回、3回、休暇の時間が 許す限り、遊びに行きたいと思いませんか?

 

LCCが、出現したことにより、 このような夢の休日が、夢でなくなってきています。 人気海外リゾートのバリ島でも、プーケットでも、グアムでも 国内リゾートの沖縄でも、石垣島でも、北海道でも、 3連休、4連休を利用して気軽にいくことも可能に なってきたということです。 週末旅行で大人気の台湾・台北や、韓国・ソウルにも 往復1万円以内でいくことができたりします。 1万円であれば、月に1回、どこかの週末でふらっと いくことも可能だと思いませんか?

 

LCCのデメリット

上記でLCCが安い理由を説明しましたが、 これに伴ってもちろん、LCCなりのデメリットも発生します。

 

1:機内サービスがよくない

上記で書いた通り、機内サービスはほとんど有料になっています。 なので、台湾、韓国などの近距離の短時間フライトではさほど 問題はありませんが、 長時間フライトでも機内食がなかったり、ドリンクがなかったり、 暇だったりというデメリットもあります。 なので、水は用意していったり、本や映画などの暇つぶしのものは 自分で用意していく必要があります。

 

2:荷物の重量に厳しい

一部のLCC、空席具合にもよりますが、 預け荷物を有料にしていることもあり、 荷物の重量には厳しいLCCも 少なくありません。 1kgでもオーバーすれば、追加料金を求められたり 大きすぎる荷物は機内に持ち込めなかったりします。 事前に荷物の重量をしっかり量ったり、機内持ち込み可能 な大きさを確認しておく必要があります。

3:遅延はよくあること

大手LCCは覗きますが、多くのLCCは単一の機体をタイトなスケジュールで 使用していることから、一回、機体のトラブルがどこかであると、 代わりの機体もないので、その機体が就航する予定だった路線 すべてに遅延が発生します。 そのため、LCCでは遅延が多くなっています。 なので、余裕をもったスケジュールを立てておく必要があります。 欠航に関しては、ほとんど大手航空会社と変わらない割合となっています。

 

4:フライトのキャンセル払い戻しは原則ない

多くのLCCでは、セール料金で販売した航空券に関しては、 原則、自己都合の理由でのキャンセル、払い戻しは行っておりません。 自社便への変更に関しては手数料を支払えば変更可能な LCCがほとんどです。 事前にしっかりとスケジュールを組み、予約する必要があります。 台風などの悪天候、航空会社の責任の欠航など 自己都合以外の理由での払い戻しは行っています。

5:お好みの旅先を探しづらい

上記でも書きましたが、多くのLCCでは、就航路線が少なかったり 本数が少なかったりします。なので、1社のみですべての旅先に 対応することができません。 なので、沖縄にいくならば、このLCC、バリ島にいくならばこのLCC セブ島にいくならばこのLCC、プーケットにいくならばこのLCC、 などと多数の会社をチェックしていく必要があります。

6:いつでも最安とは限らない

LCCが安いといってもいつでもいつでも最安だとは限りません。 例えば、セールやバーゲン価格での販売席数は限られていますし、 ゴールデンウィークや年末年始付近はさすがに値段もあがります。 それでも大手航空会社の上がり具合よりはましだと思いますが、 頻繁期は、ここに載っているような価格で乗れるとは限りません。

以上のデメリットがあります。 しかし、 だからこそ、「安い」 だからこそ、低価格での運行を行っていけるのがLCCです。 そして、 デメリットは、事前の準備、対策でほとんどなくすことができます。 なので LCCについてしっかりとした知識、事前の準備が できていれば、デメリットを感じることなく、 快適に、安く、旅行をすることができるのです。 つまり、 LCCに関してのしっかりした知識を身につければ、 これから、とてもお得に旅行をしていくことができる ということです。

 

知っているか知らないか

LCCの低価格の航空券は特別な人だけが購入できる 特別な航空券というわけではなく、 知っていれば、一般の人でも購入可能で、 低価格で国内外に旅行に行くことができる 航空券なのです。 これを知らない人は、いまでも、 大手航空会社の一般航空券でしか旅行にいけず、 高い値段を支払い続けています。 または、いまでも「海外旅行は高い」と思い込んで、 旅行に行くことができずにいます。 逆に言えば、LCCについての深い知識があれば、 低価格で航空券を購入することができる。 つまり、いままでの半分の金額で海外旅行にいけたり、 タクシーに乗るよりも安い金額で沖縄に行くことができたり、 航空券が安くなった分豪華なホテルに泊まれたり、 旅先での生活を豊かにすることも可能にできるのです。 または、 安くなった分のお金で、年にもう何回か旅行にいくことも可能になります。

 

LCCについての深い知識が必要な理由

先ほど、 「LCCについての深い知識があれば誰でも」 と書いたのには理由があります。

 

理由1:価格が一定ではない

多くのLCCでは、基本的な定価料金さえも低価格に設定されています。 しかし、それよりも安いたくさんのセール、キャンペーン、バーゲンを 頻繁に行っています。そのため、早いサイクルで価格が変化します。 できれば、そのセールやキャンペーンに合わせて、安い定価料金よりも さらに安い価格で乗りたいものです。 1つのLCCだけなら良いのですが、現在では国内外多数のLCCがあることから そのすべてのセールやキャンペーンを把握するのはとても大変です。 自分自身ですべてのLCCの価格をチェックして、 「どれが一番安いか、損しないためには」 と必死になればなるほど、旅行の楽しみがなくなってしまいます。

 

理由2:行き先によって選ぶべきLCCが違う

上記の理由と重なる部分もありますが、 行き先によって選ぶべきLCCが異なります。 ここにいくならこのLCC、いまの時期はこのLCC 様々な会社を検討しなくてはいけなくなります。 また、現在、LCCのシェアも増えてきていますので、 どんどん新規就航路線もふえてきています。 つまり、日々、選ぶべきLCCは変化しています。 これを1から自分自身で把握しようとすると大変 骨の折れる作業になります。

 

理由3:いままでの航空会社とは常識が違う

LCCは今までの大手航空会社とは常識が違います。 その常識を知り、事前の準備をしなければ、 いくら安くても、もしかしたら嫌な思いを してしまうかもしれません。 上記でも書きましたが、 LCCにはデメリットもあります。 そのデメリットをなくしていくことで、本当の意味で お得で快適に安く旅行をすることができるようになります。

 

以上のデメリットがあります。 しかし、 だからこそ、「安い」 だからこそ、低価格での運行を行っていけるのがLCCです。 そして、 デメリットは、事前の準備、対策でほとんどなくすことができます。 なので LCCについてしっかりとした知識、事前の準備が できていれば、デメリットを感じることなく、 快適に、安く、旅行をすることができるのです。 つまり、 LCCに関してのしっかりした知識を身につければ、 これから、とてもお得に旅行をしていくことができる ということです。

 

快適にLCCを乗りこなすための教科書

上記の理由から、LCCについてよく知らないで利用すると 大手航空会社とのサービス、常識の違いから不快な思いを してしまったり、 思ったよりも安くなかった。 結局高くついてしまった。 などという方もいらっしゃいます。 LCCについての知識がないことが理由で、 あまりLCCを利用されなくなってしまったり、 そもそも、これだけ気軽に海外旅行、国内旅行に いけることを知らないまま過ごしている方が たくさんいらっしゃいます。 しかし、もったいないです。 ここまでお伝えした通り、 LCCには、低価格でセレブのような休日を 過ごすことができる可能性がたくさんあります。 1万円以内で、国内リゾートに往復できたり、 週末に気軽に台湾、韓国に遊びに行けたり、 2万円前後で人気海外リゾートに行けたり そんな可能性があるのがLCCです。 しかし、 それを知らないだけ、 または、 うまく活用できないだけ で、 いままでのように海外リゾートは夢のまま 週末は近所の商業施設にいくだけ。 という方がたくさんいます。 非常にもったいないです。 なので、 LCCの良さをもっと知ってほしい、 LCCを活用してもっと海外旅行に行く人が 増えてほしい、という思いから、 まだLCCについて詳しく知らない方でも 気軽に格安航空会社LCCをお得に乗りこなす ことができるような、教科書を作成しました。 LCCを乗りこなすためのマニュアルです。

 

日本国内発着のLCCを徹底解析した LCCを乗りこなすための完全マニュアル LCC TRIPPER~国内発着編~

です。 中身を簡単に紹介しますと、、、

 

【初級編】知っておこう!LCCの常識・非常識

旅行初心者でもわかるLCCの予約から搭乗まで: LCCをお得に乗りこなすための、旅行日程の決め方、 旅先の決め方から搭乗までに選択するべき 工程を順を追って解説します。 海外旅行が初めての方でも、格安航空会社が初めての方でも わかりやすいように一から飛行機の乗り方について説明します。

 

お得な時期を見逃すな!:

LCCでお得に格安な航空券を予約するために知っておくべき常識があります。 お得に予約するべき時期、搭乗するべき時期があるからです。 この常識を知っておくことでとってもお得に航空券を予約することが できるようになるので、知っておいてください。

 

快適にLCCに搭乗するために必要な事前準備:

LCCには機内食、飲み物、エンターテインメントは基本的に有料。 さらに、当日のオプション追加はとっても割高!なので、事前に 必要なものは用意しておいたほうがお得です。 お得だけではなく、快適に機内を過ごすために必要な準備を まとめておきました。

 

【中級編】分析!格安航空会社別オススメ路線

 

国内外14のLCC(格安航空会社)を徹底分析:

現在、日本国内発着のLCCは多数あります。その中でも非常に低価格で運行している 主要LCC14社を分析しました。いままで知らなかった格安航空会社もたくさん あると思いますが、それぞれどのような特徴、どのような場面で利用するべきか をまとめました。

 

LCC別!主要空港のすべて:

14のLCC別にその格安航空会社が得意とする主要空港を分析しました。 例えば、AというLCCであれば、関西空港からの発着がお得であるとか 東京発であれば、このLCCが利用しやすいであるとかがわかるような まとめになっています。 あなたの近隣の空港からはどのLCCがお得か確かめてください。

 

14社、各LCCのオススメ路線を公開:

各LCCが力を入れているオススメ路線をまとめました。 例えば、BというLCCであれば、どこどこからどこどこ へのフライトが一番お得であるなど、14社分のオススメ 路線、参考価格、過去のセール価格を分析しました。

 

サンプルデータ

 

【上級編】旅先別!優良LCCを発着空港ごとに解析

旅先別!オススメLCC路線~国内旅行編~:

旅先に合わせたオススメLCCを利用しやすい 発着空港ごとにまとめました。 例えば、沖縄に行きたい場合、札幌からならこのLCC、東京からなら このLCC、関西からならこのLCCなど、国内の旅先に合わせたオススメ LCCと参考価格、過去のセール価格を掲載しました。

 

掲載している旅先

沖縄、石垣島、奄美大島、鹿児島、宮崎、熊本、 佐賀、福岡、大阪、名古屋、東京、札幌

 

対応している発着空港

札幌、東京、名古屋、関西、福岡

 

サンプルデータ

旅先別!オススメLCC路線~国内旅行編~:

海外の旅先に合わせたオススメLCCを利用しやすい 発着空港3つごとにまとめました。 例えば、バリ島に行きたい場合、札幌からならこのLCC、東京からなら このLCC、関西からならこのLCCなど、国内の旅先に合わせたオススメ LCCと参考価格、過去のセール価格を掲載しました。

 

掲載している旅先

韓国・ソウル、釜山/台湾・台北、高雄/香港/中国・上海/タイ・バンコク、チェンマイ、プーケット マレーシア・クアラルンプール/シンガポール/ベトナム・ハノイ/カンボジア・シェリムアップ インド・ニューデリー/オーストラリア・ゴールドコースト/フィリピン・マニラ、セブ島 インドネシア・バリ島/ミャンマー・ヤンゴン/ニュージーランド・オークランド/モルディブ

 

対応している発着空港

札幌、東京、名古屋、関西、福岡

 

サンプルデータ

【番外編】知って得するLCC利用の裏テクニック

知らないとがっかり?LCCの裏の常識:

LCCの航空券代金以外に掛かる費用や航空券の変更の仕方 また、その際の注意点、もしも、フライトが遅れた時の遅延保証 についてあまり知られていない必須の情報をまとめました。

 

知らないと高くつく!LCCの落とし穴:

「LCCは安い安い」と油断しているとあとあと考えてみると 高くついてしまっている時があります。あまり知られていない LCC利用にかんする隠れたコストを掲載しました。

 

通常料金よりも低価格で航空券を購入する方法:

通常料金ですら安いと感じるLCCですが、さらに低価格で 航空券を購入するための方法を2つ掲載しておきます。 せっかくLCCを利用するのであれば、びっくりするような 価格で予約することをオススメします。

 

ここでは、書ききれていない内容もたくさんありますが、LCC初心者の方が 安心して快適にLCCをお得に利用できるための情報をこのマニュアルでは 121ページの内容でまとめてあります。

いくらお得ができますか?

いかがでしょうか? いままでの文章を読んでいただいて、 このLCCを乗りこなすための完全マニュアル LCC TRIPPER でどのくらいお得に旅行が行くことができるように なるでしょうか? 一例ですが、 従来の大手航空会社を利用してバリ島に行った場合 平均すると約3万円ほど片道でかかると思います。 往復では6万円です。 LCCを使ったら通常時の価格で1万5000円、 もっと安い過去のセール時の価格だと 1万円以下です。 セール時だと往復でも2万円です。 つまり、 4万円もお得に行くことができるようになります。 また一人の場合で4万円ですから、 家族4人で行く場合は、 約16万円もお得になります。 国内旅行でも大変価格に差が出てきます。 例えば沖縄に4人で行く場合、大手航空会社の75日前などの 早割価格でも4万円以上はかかります。(1万円前後×4人) LCCの場合は通常価格でも23,560円(5890円×4人) 過去のセール時の価格を参考にすると 約4,000円(990円×4人)で行くことができます。 つまり、 こちらでも3万5000円もお得 に旅行に行くことができます。 4人家族で年に 1回国内旅行で沖縄に、 1回海外旅行バリ島に に旅行に行った場合、 1年間で約20万円もお得になることになります。 これは、知っているか知らないかの差です。 時間に余裕があるのであれば、 浮いた金額でもう何回か旅行に行くことができるようになりますし、 時間に余裕のないかたは、 差額で旅先のホテルや食事を充実させることも可能になる金額です。 そして、 このテクニックは1度知ってしまえば、長期的に使える 旅行のテクニックですので、1年だけではなく、何年も同じように お得に旅行をすることができるようになります。

 

海外のイメージ写真

 

これだけお得に旅行をすくことができるようになる可能性があるのが LCCを乗りこなすための完全マニュアルLCC TRIPPERです。 なので、このマニュアルの販売価格は、 5万円ほどにしようかと考えていました。 このテクニックは1度知ってしまえば、1回だけでなく、 何回も使うことができるので、1年で20万円のお得、 2年で40万円のお得、3年で60万円のお得… と長期的にお得な価格で旅行をすることができるように なるので、5万円でもかなりお買い得だと思います。 しかし、5万円もあれば、LCCを使えば、 海外の人気リゾートに1回行けてしまう値段です。 なので、 今回は、思い切って 3,980円で販売することにします。 LCC TRIPPERの販売価格は 3,980円(税抜)です。 さらに、 現在、この価格でマニュアルを購入していただいた方には、 豪華な特典をお付けしています。

旅行で得する購入者特典

特典1:LCCトラブル解決編

内容としては、

 

などの「もしものトラブル」の対処法を掲載しています。 事前に対応を知っておくことで、 急なトラブルにも慌てることなく安心して 旅行に出かけることができるようになります。 また、 トラブルに遭遇してしまった時に対処法を知らないと 知っている人よりも損をしてしまう可能性があります。 早く、最良の対処してもらうためには、あらかじめ トラブルについての対処方を知り、すぐに行動することです。 ご購入後、登録いただきましたメールアドレスにメールで お送りいたします。

 

特典2:LCCトラブル解決~英語講座~

国内旅行の場合は、トラブルの対処方法を知っていれば 問題ないのですが、海外旅行先でトラブルに遭遇して しまったら、たとえ対処法を知っていても 不安なのが言葉の壁! ただでさえ、トラブルに遭遇して焦っているのに その悩みを英語で相談することなんでできない。 そんな方のために旅行中「もしものトラブル」 に出会ってしまった時に、 必要な最低限の英文集13ページをおつけします。 ご購入後、登録いただきましたメールアドレスにメールで お送りいたします。

特典3:簡単!海外ホテルの予約方法

海外旅行の定番ツアーだと航空券とホテルがセットになっていますが、 LCCで自身で航空券を予約すれば、ホテルも自分の自由に好きな価格帯で お好みのホテルを予約することができます。 ツアーで行くよりも豪華なホテルに低価格で 宿泊することができるようになります。 LCCで自分一人で航空券を低価格で予約したのはいいけど、 「ホテルはどうするの?海外のホテルは予約したことがない。」 という方のために、日本から海外のホテルを予約する マニュアル24ページをおつけします。 知っている人は知っていますが、 慣れない海外旅行初心者の方には 役に立つマニュアルになっています。 自分自身で航空券、そしてホテルを予約することが できるようになれば、グンっと旅行の楽しみの幅が広がります。 ご購入後、登録いただきましたメールアドレスにメールで お送りいたします。

 

特典4:今話題の「airbnb」の使い方

近年、急激に流行ってきたairbnb! 日本では「民泊」など呼ばれている、ホテルではなく、 一般の住人が旅行者のために、部屋を貸すのを仲介するサービスがairbnbです。 特徴としては、場所によっては、ホテルより安い金額で宿泊することができたり、 なかなかホテルが空いていない時にとても役にたつ新しい宿泊手段です。 また、いままで泊まったことのないようなお城や個性的な家に 宿泊することも可能です。 どのようなときに使うべきか?どのように使うか?を 初めての方でも利用できるように25ページにまとめました。 ご購入後、登録いただきましたメールアドレスにメールで お送りいたします。

 

特典5:これ本当?旅先で無料で宿泊する方法

少し上級者編の宿泊方法ですが、 旅先で無料で宿泊することができる方法 を22ページのマニュアルでご紹介します。 LCCで低価格で海外にいくことができ、 さらに宿泊費も無料になるのであれば、 さらに気軽に海外にいくことができますよね? 誰にでもオススメができる方法ではありませんが、 試してみたい方は是非、試してみてください。 ご購入後、登録いただきましたメールアドレスにメールで お送りいたします。

 

特典6:旅行資金を貯める無料メール講座

もしも、今現在、このLCCの価格だとしても、 金銭的理由でなかなか旅行に行くことができない方も 安心してください。 効率的に旅行に行くための資金を貯めるための 方法を無料メール講座でお伝えします。 ご購入後、登録いただきましたメールアドレスに 順次メールをお送りいたします。(不定期)

 

マニュアルの購入方法

このLCCを乗りこなすための完全マニュアル LCC TRIPPER を購入する方法は簡単です。

 

1:下記の購入ボタンを押してください。

2:決済ページが表示されます。

3:ページ内の案内にそって必須記入項目にご記入ください。

4:お支払いが済みましたら、会員マイページより購入日~14日間 マニュアルをお渡しするためのご案内PDFをダウンロードしていただけます。

 

LCC TRIPPER

~国内発着編~

3,980円(税抜)

気軽に週末旅行、海外リゾートにいきませんか?

ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。 ここ数年で、海外旅行の常識が随分と変わってきました。 昔は、航空券も非常に高額でしたし、海外のホテルを予約するのは、 ツアー会社や代理店にお願いするしかありませんでした。 しかし、 現在では、低価格で人気の海外リゾートに行くことができますし、 アジアの4つ星、5つ星のリゾートホテルに日本のビジネスホテル並み の低価格で予約することができます。 それも、難しいことはなく、インターネットとクレジットカードさえあれば、 航空券の予約も、リゾートホテルの予約も日本の自宅でできるようになりました。 LCCを活用して、低価格で海外リゾートに行くことができるようになれば、 いままで普通に旅行していた費用と同じくらいの価格で 豪華なリゾートホテルに宿泊し 非日常の空間でリラックスすることができます。 家族で豪華ホテルのプールでピチャピチャ遊び。 感性豊かな子供時代にこのような非日常の体験を させてあげることができます。

 

時間がない方は、低価格でサクッと国内旅行も 良いでしょう。1万円以内で往復できる旅先も 多数ありますので、 気軽に週末に旅行することができます。 月曜日から金曜日は仕事があるのでしょうがないけれども 金曜日の夜から日曜日の夜までは、 住んでいる町を離れて、非日常の空間でリラックス。 近所の商業施設では味わえない開放感を感じ、 しっかりと気分転換をして、また仕事への 意欲を沸かすこともできます。 ぜひ、新時代の旅行のスタイルを手に入れて、 いままで不可能だと思っていたことを可能に してください。

 

LCC TRIPPER

~国内発着編~

3,980円(税抜)

よくあるご質問

Q1:LCCは信頼できますか?
A1:LCCの多くは大手航空会社の子会社である場合があります。 なので、安さの理由からくる遅延などのデメリットはありますが、 大きなトラブルを不安視しすぎる必要はないと思われます。
Q2:LCCはキャンセルの払い戻しはできないとのことですが、欠航による払い戻しはありますか?
A2:はい、欠航した場合は、自社便への変更か、払い戻しを受け付けている会社がほとんどです。
Q3:いつでもここに書いてあるような金額でチケットを予約できますか?
A3:いつでも可能であるとは言えません。ゴールデンウィークや年末年始などの頻繁期では少し値上がりする場合もありますし、セール価格での席が売り切れてしまったら通常価格に戻ってしまいます。セール価格で航空券を購入するには少しコツがいりますので、是非、そのコツを知ってください。
Q4:頻繁期にしか旅行に行くことができません。それでもLCCのほうがお得ですか?
A4:はい、頻繁期は大手航空会社も値上がりしていますので、それに比べれば、LCCのほうが低価格の場合が多いです。
Q5:いままで海外旅行に行ったことがありません。それでも大丈夫でしょうか?
A5:はい、海外旅行初心者の方でも、安心して旅行できるよう航空券の予約から登場までを詳しく掲載しています。
Q6:LCCはマイルはたまりますか?
A6:いいえ、基本的にほとんどのLCCはマイレージサービスは行っていません。

LCC TRIPPER

~国内発着編~

3,980円(税抜)

© HMHD All Rights Reserved.